出会い系基本のアプローチ

ファーストメールの基本

なんとなく好みの年齢や住まいの近くから相手を探してメールを送っても良いのですがプロフィールはしっかり確認しましょうね!

 

本気で出会いたいと考えている利用者は男女ともにプロフィールが充実しています。

 

例えば趣味や特技などをしっかり充実させている人は出会うためにアピールしていると思えますし

 

反対にそういう部分が空欄の場合はなんとなく登録している人もいます。

 

もちろん本気で会いたいといっても皆が真剣交際を希望している訳ではなく気楽な遊び相手が欲しかったり割り切った関係希望の場合もありますからそこをプロフで見分ける必要があります。

 

中には20代前半の女性でも希望する相手の年齢は20代〜50代なんて方もいて可能性もゼロではないでしょうが、なんだかしろうとの様な気がしません。

 

あるいは男性の場合でも50代や60代で18歳から30代が好みなどと書かれている場合の目的は言うまでも有りませんね?

 

こういう風にプロフを見ていくことで目的の出会いも早く見つかりますよ!

 

このコーナーでは出会えるサイトでもより早く相手を見つけていただくためのテクニックを紹介させていただきます。

 

 

初めてメールを送るときには挨拶から始まるのが人としての基本ですが出会い系の場合は『初めまして』や『こんにちは』などのありきたりな件名:タイトルでは反応が薄くなります。

 

女性から男性に送る場合ならそれで充分ですが男性から送る場合ではひと工夫が必要です。

 

実は私のところへも毎日かなりのメールが届きます。

 

しかも有料、無料合わせてかなりのサイトを利用していますからハンパな数ではありません。

 

無料サイトの掲示板にカキコミした時には1日に30人ほどからメールが届きました。

 

その書き出しがほとんど普通の挨拶なんですね・・そうするとタイトルを見るだけで開封しようとは思いません

 

なぜならばメールが埋もれてしまうからなんです。

 

じゃあどんなメールが良いの?ってことになりますがハズレが少ないところでは食事ネタです。

 

自分もそうですがオンナって基本的に食いしん坊ですから『イタリアンが好きです』とか『美味しい寿司屋を知ってます』の方が『こんにちはよりもずっと目に留まるし『会いたい』よりも『食べたい』のほうに目的がそれるので話が弾みます。

 

ただし、いきなり誘ってはいけません。

 

件名はそれで目を惹いておいて本文は挨拶から始まり簡単な自己紹介と簡単なアピール

 

そして仲良くなったら食事に行きましょうということにして最後に簡単な質問を添えておくことがポイントです。

 

質問を投げかけることで相手に返事をさせるきっかけを与えることになります。

 

ひとつだけ気を付けておきたいのは例え相手が年下でも初めのうちは敬語を使うことと、あまりにも長文になり過ぎないことで大体100〜200文字くらいが短くもなく長くもないベストの文章です。


関連ページ

応用テクニック